歯医者さんに面と向かっては聞きにくい「気になる疑問」を図々しく聞いてきました!

歯垢とは?歯石とは?

歯医者

歯垢というのは、英語で言うとプラークってよくいわれているんですけども、歯の周りに虫歯菌や歯周病菌が集まってきて、ねばねばとした塊を作ります。それが、歯垢です。

  なので、よく食べカスの、食べ物のこういう残りだと思っている方が多いんですけれども、歯垢というのはもうその成分の9割以上が、虫歯菌や歯周病菌の細菌からできて、塊になります。

  で、歯石というのは、歯石もいろんな種類があるんですけれども、それに、唾液のカルシウムなどが歯垢などにくっついてきて、歯の周りに固い石状になって、付くのが歯石です。

  で、さらに放置しておくと、より、その歯石の中に細菌が多く含まれた、より毒性の強い歯石が歯茎の中の方についてくる場合がある。

  それが、歯周病をより進行させる、より悪い毒性の強い歯石となることがある。

  それを放置しておくのが、歯周病の進行を早めるので、決してブラシで取れる、自分で取れるものではないので、そういうのは、定期的に歯医者へ行って、ついてきてたらすぐにとってもらうっていうのは大事ですね。

私

わかりました。よく、歯と歯の間にこう、あの、自分の目でも見える、この白いのはなんなんでしょう。

歯医者

それはね、あの、それも歯石の一種なんですけども、それはそんなに、毒性というか、強くない、弱い歯石ですね。

  ま、主にカルシウムが、唾液のカルシウムが、磨き残しの歯垢とかに集まってできたもので、それはもう、1回で簡単に取ることができます。

  それをあんまり放置しすぎると、今度、あの、歯茎の中の方に強い石となって伸びてくることがあるんですけれど、それが歯石ですね。その表面についている石が。

私

わかりました。

歯医者

主に、下の前歯の裏は、一番付きやすい。そこに唾液の出口がありますから。

白い塊のような感じのですね。出口の辺はやっぱり、一番付きやすいですね。

それはそんなにまぁ、放置しすぎると悪いですけれど、すごい悪いってもんでもないですけれど。

私

歯磨くときも、ちょっと気にして、重点的に…

歯医者

まぁ、そこまでそんなに気にしなくても。それでも付いてくる。僕らでも、がんばって磨いても付いてきますので、これはもう定期的に除去するしかしょうがないですけどね。

私

電動歯ブラシの方が、歯垢とか歯石っていうのは取れやすいでしょうか。

歯医者

うん。そうですね。ちゃんと汚れ落ちの、いい電動歯ブラシを使ってもらってもらうと、歯石は取れないですけれども、歯垢は、より取り残しがなくなると思うんですけど。

私

あと、歯石除去っていうのは、歯科医師じゃない方でもできる

歯医者

できますね。衛生士でもできますね。歯科衛生士、か、歯科医師かどっちかですね。

私

あと、歯周病の、レーザー治療があるって聞いたんですけれども。それは、どういったものなんでしょうか。

歯医者

たぶん、一般的に言われているのは、と思うのは、歯周ポケットっていう歯と歯茎の間にある溝の中に、レーザーのファイバーを入れて、中の歯石をレーザーで破壊したり、もしくは、ポケットの中の歯周病菌を殺菌したりすること、を言っているんだと思われます。

私

はい、レーザー治療。わかりました。   あと、キスをすると、歯周病はうつるんでしょうか。

歯医者

う~んと、これはちょっと、イエスともノーとも言えるんですけども、簡単にはうつらないですけれども、歯周病のすごい強い方と歯周病が全然ない方とキスをするとやっぱり、多少、歯周病菌はうつっていくと思いますね。言われてますね。

  ただ、もともと、人間の口の中はもう、常在菌層というんですけれども、自分がある程度大人になると、そういう、それぞれの各いろんな無数な菌が、住み分けをしてて、自分の世界を作ってるんですね。

  そこん中に、たやすく他の菌は、侵入してくることはできないわけで、ちょっとキスをしたからといって、簡単にそんなうつるっていうものでもないので、そこはそんなに心配しなくてもいいと思いますよ。





>>歯医者さん教えて!トップページへ戻る
ページの上まで戻る
FX取引口座