歯医者さんに面と向かっては聞きにくい「気になる疑問」を図々しく聞いてきました!

そもそもインプラントとは、どういった治療方法?

歯医者

インプラントというのは、歯を失った、歯を失ったっていうか、その根っこごと、そっくり歯を抜歯して失ってしまったところに、人工の、インプラントを日本語に訳すと、人工歯根というんですけれども、歯の根っこという意味、人工の根っこ、まぁ主にこれはチタンからできていることが多いんですけれども。   チタンの根っこを、代わりに植え込んで、その上に、かぶせ物を作る、もとある歯と近いような状態を作り出す、という治療です。

私

その、金属のインプラントと、骨がくっつく意味が、ちょっと素人にはわかりにくいと思うんですけれども。

歯医者

専門用語で、オッセオインテグレーションっていうんですけれども、その、各いろんなインプラントのメーカー、それぞれいろんな技術があって、インプラント体っていうその根っこの部分とですね、科学的に骨がくっつくような処理が、インプラントの表面にはしてあります。

  骨に近い成分が、もともとインプラントの表面にふきつけてあったりとか、それは最近多いですかね。   で、そこ、ちょっと僕もあんまり詳しくないんですけど、それは、要はインプラント体の表面に、骨が科学的に結合するような、そういう特殊な処理がされています。

  で、そういうのを、実験などでスライドをつけてみてみると、やっぱりきちっと骨とインプラントがこうくっついているのが確認できます。

  もうそれは今のインプラントでは、常識になっていますので、今のインプラントはほぼ、骨と結合するようななんらかの、それはちょっと、そのメーカーによっていろいろ方法は違うんですけれど、されてることがほとんどです。

私

わかりました。金属アレルギーをもってる方でも、大丈夫なんでしょうか。

歯医者

金属アレルギーは少ないと言われている、アレルギー反応が少ないと言われてる、チタンが主な主成分なので、アレルギーとなることは少ない、ま、アレルギーとなることは少ない・アレルギーとなりにくい材質を使ってますが、それでもチタンにアレルギーがある方には、アレルギーは起こる、起こりますので、必ず金属アレルギーの心配はないってことは言いきれなくて、

  心配な方は皮膚科さんなどで、そのアレルギー検査をしてみたやつを、インプラントのチタンに対して、アレルギー反応がおこるかどうか、皮膚科さんで調べてもらえることが多いんですけども、アレルギーになりやすい方は、慎重になる必要がありますね。





>>歯医者さん教えて!トップページへ戻る
ページの上まで戻る
FX取引口座