歯医者さんに面と向かっては聞きにくい「気になる疑問」を図々しく聞いてきました!

差し歯とブリッジのメリット・デメリットは?

歯医者

差し歯っていうのは、ちょっと同じ比較じゃないかもしれないです。インプラントとブリッジと入れ歯ですね。

  差し歯っていうのは、根っこが残っている状態で、そこに歯を差すので、もちろんそれが一番ベストですね。根っこが残っているので。

まず、一番よく保険でやられる方法がブリッジっていう方法ですね。それは両側の、歯がないところの両側の歯を削って、つないで橋渡しして、かぶせていく方法ですね。

  まぁ、メリットとしては、簡単に保険ですぐできるので、いいんですけども、たとえば両側の歯が健康な歯なのに、全部、くるっと削ってかぶせなきゃいけないんですね。

  なんで、すごく歯にとっては悪いことと、あと、この歯がないところにかかる力を負担するのは、両側の歯に負担させるので、ここに、例えばかかるべき力をこっちとこっちに負担させることに、かむ力をですね。

私

あぁ、そうですね。

歯医者

負担させることなので、隣の歯がやっぱり歯周病にかかったときなどは、力がかかりすぎてる歯っていうのは、すぐ悪くなることが多いんです。だったり、力がかかりすぎてる歯の根っこが割れてしまって、ブリッジの寿命っていうのは、結構短いって言われてる。

私

へぇ、そうなんですか。

歯医者

で、簡単にできる反面、そういう両方の歯をかなり傷つけるデメリットがあるんです。

  で、もうひとつの方法は入れ歯ですね。入れ歯はもう簡単で、たとえばこう、ここに歯がなくなったときに、両方にこう、かけるだけですね。

  なんですけども、隣の歯にばねをかけるので、その分、隣の歯に力がかかりやすいっていうのと、入れ歯自体は、この歯茎の上にこうやってのっかってるだけなので、力をあまり、受け止めることができない。

私

俗にいう、部分入れ歯ってやつですね。

歯医者

部分入れ歯です。なので、かむ力はそんなに強く出ないのと、あと両方の歯に、サイドの歯に力がかかりすぎてしまう。

  で、インプラントというのは、歯を新しく作り出すことなので、両方の歯を何もさわることはないですし、あと、両方の歯に力をかけることはないですね。

  そこに新しく歯を作るわけですから。この中に、また根っこを作って、上にここだけ単独でかぶせるだけですから。

私

そうですね。はい。

歯医者

なので、歯を増やすことになるので、両方の歯にとってはいいことだらけですね。削ることもないし、他の歯の負担を逆に減らすことになるので。

  ただ、デメリットとしては費用が高額。できない場合もあります。下の骨が少ない場合はできない場合もあるので、そういうデメリットはありますね。





>>歯医者さん教えて!トップページへ戻る
ページの上まで戻る
FX取引口座