歯医者さんに面と向かっては聞きにくい「気になる疑問」を図々しく聞いてきました!

キシリトールのガムは、虫歯予防になる?

歯医者

キシリトール自体は、虫歯予防効果がすごく高いです。しかし、市販のキシリトールと謳っているガムは、キシリトールの含有率が結構様々なんですね。

  半分くらい、50%含まれているものもあれば、本当に少ししか含まれていないものもあります。それで、キシリトールガムをかんでいるからといって、安心というわけではありません。

  一般的に、市販のキシリトールは50%前後が多いみたい。で、歯科、歯医者で、専売しているものでは、100%というものがあります。なので、キシリトールが、100%の方が、むしろ、予防効果が高いですね。

  で、ただ、ガムをかんだからと言って、100%のガムをかんだからと言って、虫歯が必ず予防できるってものじゃなくて、やっぱりブラシで、しっかりと菌をプラークですね、菌の数をきちっと機械的に取り除いてあげて、そこにガムを噛んでもらうと、さらによいと思います。

私

補助的な感じで。

歯医者

補助的な感じでの方がよいと思います。かまれるとしたら。

私

リカルデントというのもありますよね?

歯医者

リカルデント成分というのがあって、これキシリトールが半分くらいで、で、あと、リカルデント成分ていうのが、これが何かっていうと、キシリトールっていうのは、虫歯の菌自体の増殖を抑える。

  虫歯菌にとって、キシリトールっていう糖分は、毒なんですね。だから、虫歯菌がキシリトールを食べると、虫歯菌は、増殖することができなくなってくる。そういうことで、キシリトールガムはあります。

  これはちょっと、また考え方が別で、そうしてもやっぱり虫歯菌は酸を作りますので、作って溶けかけた歯を元に戻す、再石灰化という機能があるんです。

  それを助ける、このリカルデント成分っていうのは、その歯に歯を治ろうとする力を助けるっていう、そっちを今度、こっちはメインにうち出しているので、キシリトールガムとこっちのガムは、それぞれ考え方が違うんですよ。

  これはこれで、またいいかなと思いますね。

私

その考え方が違うのを2つ合わせて、ガムにしてるっていうガムですね。

歯医者

そうですね。はい。最近うちでは、これはキシリトールガムと併売して、これも売り始めたんですけれども。

私

あぁ、そうですか。歯医者さんの中で売ってるんですか。

歯医者

そうですね。まぁ、市販よりちょっと値段は高いですけど、その…

私

CMしてますよね。リカルデント。聞いたことある。

歯医者

歯に良い成分が、歯科は量が倍入ってるっていうのが。

私

それは市販されてるやつではないんすか。

歯医者

これはね、似たようなのが市販されてるんですけど、これは、歯医者専用なんですね。市販はできないですね。

私

そういうのもあるんですね。

歯医者

キシリトールガムも、市販と似たようなのあるんですけども、そのキシリトールが、市販のやつは50%くらいしか入っていない。歯科は100%入っているという。





>>歯医者さん教えて!トップページへ戻る
ページの上まで戻る
FX取引口座