ホワイトニングといっても沢山種類がありすぎて何がどう違うのか分かりませんよね。
それぞれの違いを説明していきたいと思います。
歯医者で、自宅で、サロンで…自分にあった方法を見つけましょう。

オフィスホワイトニング

ホワイトニングには歯科医院で行うものや自宅で出来る物まで様々です。
歯科医院で行うものをオフィスホワイトニングといいます。歯の知識を持った医療従事者が仕上がりの色を確認しながら施術をしてくれるので確実な効果があります。

お口の中の状態を見ながら、歯に汚れがついていると効果が出にくいので、掃除をして薬を塗り、光を当てて、白くします。薬剤も濃度が高い物を使用するので回数はあまりかかりません。
短期間で効果を得たい方にはオススメですね。

歯科医院で施術するので、白くならなかったり何かあった時はすぐ対応してくれるのも魅力的です。

ホームホワイトニング

自宅で行うものをホームホワイトニングといい、歯医者さんで型を採ってもらって自分の歯に合ったマウスピースに薬剤を流し込んで使います。歯科医院で使用する薬剤よりも濃度は低いので、扱いやすく自分の好きな白さになるまで使います。自宅にいる空いた時間に自分のペースで使用できるので忙しい方にはありがたいですね。

また、マウスピースさえあれば薬剤は追加購入も出来るようなので、白さもずっと保てていいかもしれません。

こちらも何かあれば歯科医院に相談出来るので安心ですね。

セルフホワイトニング

エステや美容院のようにお店に行き、自分で薬を塗って行うホワイトニングです。
病院ではなくお店なので医療行為はなく、歯科医師や歯科衛生士がいなければ口の中を触ることは出来ません。なので自分自身でするのですね。

薬剤を歯に塗ってLEDライトを照射して白くするという物ですが、歯科医院で使われるような薬は専門店では薬事法により扱えないので、白くなる限界はあるようです。

歯磨き粉

その他にも歯を白くする方法があります。
市販されている歯を白くする歯磨き粉や重曹をいつもの歯磨き粉に振りかけて使用するというものです。こちらは歯を白くするというよりも歯についた汚れをいつもの歯磨きの要領でいつもよりキレイにするというものです。

歯の汚れには歯ブラシでおとすことが出来る歯垢(プラーク)と呼ばれる物や、歯石という石のように硬く歯についてしまった汚れなど様々です。ですので、この歯磨き粉を使ったからといって効果がでるのかは分かりませんが、歯医者さんってこわいな…、行くのが面倒くさい、という方には一番手頃に始められる方法ではないでしょうか。

普段使っている歯磨き粉をホワイトニング効果の高い歯磨き粉にかえてみるだけで効果が出ればこんなにうれしい事はないですね。

歯医者の選び方は?審美歯科・矯正歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科

img01

歯医者といってもいろいろな歯医者がありますよね。大きな名前の下にこんな感じで細かく書いてある所もあると思います。審美歯科、矯正歯科、小児歯科、口腔外科、予防歯科…
みなさんが行く前に迷わないように、しっかりとそれぞれの歯科を説明していきたいと思います。

一般歯科

対象が保険診療となる治療です。
虫歯の治療であったり、歯周病の治療であったり、入れ歯を作ったりするのがこの一般歯科です。いつも通っている歯医者さんがこの一般歯科ですね。

この一般歯科が基礎となって、それぞれ枝分かれしていきます。

審美歯科

虫歯や歯周病などの歯科治療もします。歯科治療にプラスして〈美しさ〉を取り入れたものが審美歯科です。
保険治療プラス自費治療を行っていきます。虫歯の治療後は保険の金属を一般歯科で入れていきますが、こちらは種類を選ぶことが出来ます。

機能性を重視するのか審美性を重視するのか、どちらにせよ自費診療ならではの選択肢の広さがあります。

矯正歯科

歯並びをきれいにするところです。
八重歯は日本では可愛いと言われていますが、外国などではドラキュラの歯と言われたり、悪魔や魔女のイメージがあり嫌われるのです。

顎が小さく永久歯がうまく並ばなかったり、元々永久歯が足りなかったりする時にこの矯正歯科にかかれば歯の並びをきれいにするのと共に咬み合わせもしっかりと診てもらうことができます。

歯の表面に小さい金属を貼り付けた所に針金を通して治療する方法や、子供の顎の発達を利用して行う矯正など幅広く治療法があります。
矯正も自費診療になりますし、定期的に通い少しずつ歯を動かしていくので長期に渡って通院が必要になります。

小児歯科

子供の口の中を専門に診てもらう歯科です。
一般歯科でも子供の口の中の知識はありますが、歯科医の経験や症例からいったら小児歯科のほうが勝るのではと思います。

患者さんの年齢も歯が生えたての赤ちゃんから高校生までと様々で、だいたい18歳くらいまでの子供さんが通われます。
小さい子供に治療をするので、歯科医も歯科衛生士も技術だけではなく、話す内容や口をすんなりと開けてもらえる関係を作る技術も必要になってきます。
どこの歯医者へ行ってもうまく治療できない子供さんをお持ちの方は一度小児歯科へ通われてはいかがでしょうか。

口腔外科

口、顎、顔の組織の病気を治療する所で、外科的な処置もします。
身近で言えば歯茎の中に埋まっている親知らずを抜く時や、交通事故で顔に怪我をしてしまったり、ガンができてしまったりする時にこちらで診てもらいます。
総合病院の中に入っている歯科、とお話すると分かりやすいのではないでしょうか。

一般歯科のような治療はしていないですし、もし治療でお世話になる時はいつも通っている歯医者さんからの紹介状を持って受診することがほとんどだと思います。

予防歯科

口の中を虫歯や歯周病にさせないように予防する歯科です。
歯が痛くなったら歯医者へ、というのが今までの歯医者さんの通い方でしたが今は違うのです。病気にさせないために、口の中を健康に保つために通うのです。

特に歯周病は一度治療したら治るものではありません。
生活習慣がそのまま歯茎にでてしまいますし、ブラッシングの時の癖でいつも同じ場所に汚れが付いたままになっていたりします。

その変化や注意点を歯科衛生士さんに教えてもらうことで、虫歯や歯周病を未然に防ぐことが可能になってきます。

まとめ

歯医者さんによって歯科医院の名前の下に診療科目を何個か書いてあるところもありますし、審美歯科専門というように、一つの専門分野に力を入れてやっているところもあります。
その診療科目を見て、先生がどの分野が得意なのかを見極めるポイントになりますね。

今歯医者さんはコンビニよりも多いといわれています。
保険診療もそうですが、特に審美性を求めた自費診療で悪質な治療行為があったと被害を耳にすることもあります。

歯は一度削ると元には戻りません。治療前には説明をうけ、しっかりと納得してからスタートして下さい。みなさんが信頼できる歯医者さんに出会えますように…。

続きを読む

▲ページトップに戻る